手術と術後その1

2014-12-05 | 12:09

2日のお昼に獣医さんへ行き、先生は診察していたため、看護師さんとしこりの場所をサインペンでチェック!
肋骨の上はすぐわかるけど、腰と首は深いところにあるからなかなか見つからない 看護師さんに「よく見つけましたね~~」と褒められました(笑)

3ヶ所取ることになったのだけれど、前回の胸部の手術は6時頃お迎えだったので、仕事帰りのしげぞうと行ったから今回もそれくらいかな~と思っていたら、15時45分に電話がかかってきた あまりに早いから何かあった??とびびりまくって電話に出たら

「もう麻酔覚めてるからお迎えにきてもいいですよ」って 思わず「もう終わったのですか?」って聞いちゃったよ。

しげぞうのことは待っていられないから、すぐにお迎えに
先生のお話では、3ヶ所どれも脂肪腫で病理に出す必要はなし。周りにも脂肪腫になりそうなものがあったので焼ききって完全除去しましたとのこと。ひとまず良かった

一緒に歯石除去と血液検査もお願いしておいたので、歯もピカピカ!血液検査の結果はもう少し先。足の具合もお願いしてあったけど、異常なし。で、脂肪腫になりそうなものが多かったので中性脂肪を調べてみたら正常値だったから、やはりできやすい体質なんだろうねって。
「先生、早かったですね~~びっくりしました!」と言ったら
「僕、仕事早いんで!」って ドクターX見てるのかと笑っちゃったよ。

でも、その後「麻酔は良くなってるけど、やはり体の負担を考えると短いに越したことはないからね。30分で終わったよ」

ええ~~~素晴らしい!あなたはスーパードクターですか! まあ、手術の腕と見立ては確かという噂の先生なんですけどね(笑)

前回、嘔吐がひどかったので、今回は水やご飯に気をつけようと思っていたら、「今の麻酔、いいからね。まず嘔吐はないと思うよ。今晩からご飯食べさせて。」と言われました!
へ~~一年半でそんなに進歩するんだ・・・・

前置きまたまた長くなったけど、お話も済んで無事ご対面 
まだちょっとふらつくけど、おうちに帰りました
帰っていったんクレートから出たすぐの写真
DSC_0975.jpg

まだ目が虚ろで足も少しふらつく。すぐクレートに入って出てこないので、そのままに。少し寝て起きてを繰り返すけど、すごく震えていて・・・寝ていてもクレートがカタカタ言うくらいでした
DSC_0978.jpg

除去した脂肪腫、今回は写真を撮りました。大丈夫な方は続きをどうぞ。
↓↓

↓↓
WCqW2VBj4oOtOA21417678976_1417678994.png

ほんとにラードのよう。一番手前の大きいものが肋骨の上の脂肪腫。後の二つは小指の頭くらい!小さかったのね~
スポンサーサイト

Theme : かわいい♪コーギー
Genre : ペット